まいにちコツコツ抜け道さがし。

Something Neutral

大切なのは思いやり。日々のあれこれを多角的に考えるブログです。

ゴーン・ガール 仮面夫婦の全米を扇動した戦い。謎は複雑だけどサクサク進む爽快感もあり。

ゴーン・ガール(GONE GIRL)

公開:2014年10月3日 (アメリカ)

   2014年12月12日 (日本)

配給:20世紀フォックス(アメリカ・日本)

監督:デヴィッド・フィンチャー

キャスト:ベン・アフレック、ロザムンド・パイク、ニール・パトリック・ハリス、タイラー・ペリー

ãã´ã¼ã³ã¬ã¼ã«ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

 

 

あらすじ

ニック(ベン・アフレック)とエイミー(ロザムンド・パイク)は誰もがうらやむ夫婦のはずだったが、結婚5周年の記念日に突然エイミーが行方をくらましてしまう。警察に嫌疑を掛けられ、日々続報を流すため取材を続けるメディアによって、ニックが話す幸せに満ちあふれた結婚生活にほころびが生じていく。うそをつき理解不能な行動を続けるニックに、次第に世間はエイミー殺害疑惑の目を向け……。

シネマトゥデイ

 

おちゃ的感想

☆☆☆☆(傑作、人におすすめしたい)

GONE GIRL 直訳すると行ってしまった(失踪した)女。そのタイトルのとおり、妻の失踪を期に物語が繰り広げられるんだけど、ただの夫婦ではありえないほどの陰謀、世論の巧みな扇動とサスペンスとしてよく練られている。

脳みそフル回転してじっくり謎を堪能したい方には非常におすすめできる。

 

謎に次ぐ謎

童話のモデルになった女性へ起きた悲劇のニュースは全米を駆け巡り、瞬く間に夫は「妻を殺した男」として疑いの目を向けられる。

この映画の前半は夫のニック視点で描かれる。

失踪した原因は何なのか?自分を陥れるためなのか?誰かが関与しているのか?それともニックが本当に殺したのか?

 

しかし物語は中盤からエイミーの視点へと変わる。

なぜこのような行為に至ったのか。

 

最初はこの失踪が物語の主軸の謎かと思ったんだけど、謎が解けては次の謎が現れて、常にワクワクさせてくれる。サクサク進んでいき、盛りだくさん。だから満足感は高い。

 

また失踪〇日前、〇日後と時間を過去から今、今から過去へと行ったり来たりさせて、すべて同時進行で進んでいく。あの時のあれが、この時のこれで・・・みたいに考えるのが楽しい。

 

 

・・・

 

 

う~ん。とにかく見てほしい!!(語彙力w)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

~ここからネタバレ~

 ネタバレなしでミステリーで文章書くのって難しいね。

ここからは思う存分思ったことネタバレしながら書いていくよ。

 

ニック

é¢é£ç»å

 

ニックはエイミーと出会ったころは誠実で、エイミーのことを純粋に愛していた。でも失業を機に二人の仲は悪化していき、エイミーとの関係は冷え切っていく。

 

エイミーが失踪してホッとしたというセリフ、事件発覚当日に妹の家でビールを飲んでいる様子からしてこの夫も異常な感情の持ち主だと思う。自己中心的で自分の欲望のために周りのことは考えない。

 

エイミーがあまりにもサイコパスに描かれているから、対比すると弱気に見えるけど、ニックも十分サイコパスなんじゃないかな。

 

エイミー

ãã´ã¼ã³ã¬ã¼ã«ãã¨ã¤ãã¼ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

エイミーは最後までつかめない。

シナリオ通りに運んでいき、踊らされるニックと警察、メディアすらコントロールしていく。メディアの扇動っていうのが物語をより壮大にしていく要因で、全米を味方にしてニックを精神的に追い込んでいく。さらに自分に優位にしていく。

 

あと一番衝撃だったのはデジーを殺したシーン。ワインボトルで性器を傷つけて、SEXに夢中のデジーの喉元をかっ切るなんて凄いシナリオ考えつくよな。

でもあの場面で枕元にカッターナイフがあるなんて不自然だが、追及はされなかった。また病院でのインタビューも自分に不利な質問はスルーできた。その環境こそ世論を味方につけられたエイミーの勝利だし、ニックがなんと言おうと、不自然があろうと事実を隠蔽することができた。

 

そんなサイコパスで賢い彼女だが、人間らしい一面もある。

失踪後、隣人に少しの信頼を置いたのが仇となり、金を盗まれ、デジーの元に行かなければならなくなったことだ。本当はニックを死刑にさせてかったのだろうが、ここで考えを変えざるを得なくなる。

一瞬だけど、元恋人のデジーとともに生活することで、再び幸せな日々を送れると思ったんじゃないだろうか。だからあの監視カメラ映像を見たときの絶望があったんじゃないかな。いくらなんでも最初からデジーをニックを陥れる駒と考えていたわけではないだろう。(監視カメラがあるかどうかも電話した時点ではわからないだろうし)

 

エイミーは狂ったサイコパスだけど、欲しかったのは幸せじゃなかったんじゃないかなと思う。そういう意味では男運なかったよなーっていう同情もしてしまうw

 

結局は監視される生活を強いるデジーではなく、ニックをコントロールすることを決断するんだけど。そしてラストシーンは冒頭にリンクする。「エイミーは何を考えているのかわからない」

 

 

うん。僕もわからんからもう一回見よう(正直)。

 

※当記事はすべて筆者の一所感なので、公式サイトと差異があることをご了承ください。またご指摘、ご意見いただければ幸いです。