まいにちコツコツ抜け道さがし。

Something Neutral

大切なのは思いやり。日々のあれこれを多角的に考えるブログです。

NGT48の山口真帆さんの謝罪で気づいたアイドルをモノとして売り上げる運営側の価値観の間違い。

僕はアイドルに詳しいわけではない。AKB系のグループも同様で何人かは知っているけど、そんな熱心に追いかけているわけではない。

そんなアイドルに無関心な僕だけど、それでもそのアイドルについてショッキングなニュースがあった。

 

NGT48の山口真帆さんが男性ファンに暴力を振るわれたという事件だ。

 

 アイドルグループ・NGT48が10日、新潟市のNGT48劇場で「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」を開催。昨年12月に男性ファンに自宅に押しかけられる被害を受けていたことが9日に明らかになった山口真帆(23)が出演した。山口はステージ上でファンに謝罪。運営側と話し合いを行ったことも明かし、今後もNGTとして活動していく決意を口にした。

(中略)

NGT48のメンバーが、ファンに山口の帰宅時間を教えるなど、騒動に関与していたことを明らかにした。

NGT運営 山口真帆の騒動でメンバーの関与を認める…「帰宅時間を伝えた」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

あくまで素人が言うことなんだけど、この件で加害者が悪いのは当たり前だけど、運営側も最悪の対応だったんじゃないかと思う。

僕が運営側について本当におかしいと思うのは2つ。

 

ひとつは12月に事件が発生し、1か月かかってやっと、それも被害者山口さんの告発で発覚したということ。

もう一つは山口さんがこの件について謝罪したということだ。

 

メンバーが山口さんの帰宅時間を教えたみたいな疑惑もあるけど、その辺はグループ内のことなのでひとまず割愛するけど、上記の二つは特に酷いと感じた。

 

 

12月に事件が発生し、1か月かかってやっと、それも被害者山口さんの告発で発覚したということ。

ふつうに考えておかしいよね。

山口さんがこの事実を公にしなければ、この事件は明るみに出なかった。

 

 山口は1月8日から9日にかけて、動画配信サイトやツイッターを通じて、12月に自宅前で男性2人から顔をつかまれるなどの暴行被害を受けたことを告白した。当該事件では男2人が逮捕されたものの不起訴処分となったほか、山口は複数のメンバーが事件に関与していることを示唆していた。一方の運営側は、山口自らが語るまで事件を公表せず、事件発覚後もメンバーの関与を否定していた。

【NGT山口真帆暴行】指原莉乃ら現・元メンバー、AKB運営元を一斉に批判…ファンにも波紋 | ビジネスジャーナル

 

自らSNSで声を上げるのがどれだけ大変なことであるか。

アイドルに何かあったら、運営会社のAKSがまず謝罪し、事実を報告するのが正常な流れだろう。これが全くの逆で、AKSは山口さんを一切守ろうとせず、それどころか被害者にすべてを語らせてしまったのだ。

ふつうに考えて、悪いにはファンなのだから運営会社が一番の問題ではない。ただ管理体制に不備があったのは確かなので、正直に謝罪すればよい。これであれば事はここまで大事にはならなかったはずだ。

しかし、謝罪をすぐにしなかった。

 

山口さんがSNSで声を上げるっていうのは、AKSがそうさせたとは考えづらいから、おそらく本人の意思で言ったのだろう。容易に想像がつくが、即謝罪をしなかったことからAKSはこの事件を闇に葬りたかったのではないだろうか?

管理体制への非難を避けたいという自らの保身に走って、事件をなかったことにしたかったのではないだろうか?

間違いなくそうだと思うんだけど、ひどい話だ。

 

山口さんがこの件について謝罪したということ。

運営が自らの保身だけを考えたことだけでも最悪だが、自体はさらに悪化していく。

 

渦中の山口は10日に新潟県新潟市のNGT48劇場で行われた「NGT48劇場三周年記念スペシャル公演」に登場し、「お騒がせしてしまい、誠に申し訳ありません」「お世話になった方にも迷惑をかけるかたちになったこと、本当に申し訳なく思っています」と謝罪した。

【NGT山口真帆暴行】指原莉乃ら現・元メンバー、AKB運営元を一斉に批判…ファンにも波紋 | ビジネスジャーナル

 

被害者をフォローするどころか、謝罪させたのである。理由は「お騒がせした」から。

いやいやいや、お騒がせしたらダメなの??

重要なのは誰が、なぜ、どのようにお騒がせしたかで、お騒がせしたこと自体を神妙な面持ちで謝罪する必要はない。つまり、この発言は「暴力を受けたことで、世間を騒がせて申し訳ございません」ということになる。

意味がわからんでしょ。

謝るのは暴力を振るった加害者の方だよ。

 

この事件で運営会社の思考回路を推測する。

 

ツイートもしたんだけど、AKSは商品をマネジメントして、売上を上げるということにしかフォーカスしてないんじゃないかな?

 

ほかの会社もそうなんだけど、B to CはもちろんB to Bの商売でも最終的にはエンドユーザーがいる。

つまりその売り上げは誰かがお金を消費して、モノを買って、売りあがっているんだ。誰かが買ったということはその人には感情があるし、良いものならリピートしたいし、悪ければ悪評をレビューしたい。お金消費の対価として何かしらの見返りを求め、リアクションをする。

でも売った側の企業に見えるのは何億、何兆の売上が上がったかということだけ。何人の人がそれを購入して、どう考え、どういう感情を抱いたかまで考えるには意外と難しい。考えたとしても、基軸はそれがどう売上に貢献するかである。

 

戦略はいつも何がどう作用すれば、何%集客が上がるのか。どんなリスクがあるのか。

 

そういう考えに陥るから、実際は事故があっても別の理由ではぐらかしたり、最悪公表しないこともある。理由は売上に響くから。

 

でも長い目で見るとそれは賢明ではないと思う。それは売上という観点から見てもだ。

どこかでボロが出るし、辻褄も合わなくなる。隠ぺいしていることが明るみになることほど、企業にダメージが大きいことはない。

でも一時の売上を無視できないから、多くの企業が変われない。

 

ましてや今回のこの事件、売上をあげている商品とは無機物ではなく、血の通った人(アイドル)なのである。消費者(ファン)だけでなく、アイドルにも感情があるのだ。

 

 

だからこの違和感が際立つのだ。

クレーム対応みたいな。

クレーム対応の基礎は例え商品が良く、お客様の使い方が悪くとも、まず怒るお客様の下手に出て、商品について謝罪する。そして事情を時間をかけて引き出すことが丁寧な対応となる。

時にはこの丁寧なクレーム対応がファンを増やすこともあり大切なんだけど、今回の件ではそれは不適切となる。

 

それはここでいう商品というのは再度述べるが人権も感情ある人なのであるからだ。まず下手に出て謝罪っていうのを被害者にやらせてしまった。「お騒がせ」の鎮静化を最初にしようとした。彼らはアイドルを人ではなく、モノとして扱っていたのではないか?

 

本来なら被害者を守る。たとえそれで世間が逆上したとしても(ならないと思うけど)、彼女らは再生産できるようなモノではないからだ。優先順位は沈静化ではなく、NGT48というグループとそのメンバーである。

 

まとめ

今回の件で同じグループのアイドルですらその対応に不信感をもち、非難している。

 

 元NGT48リーダーで女優の北原里英は、山口の謝罪を受けてツイッターを更新。グループを卒業しているので何かを言う資格はないとした上で、「あなたは謝るべきではありません!謝らないで。悪いことしてないです」「こんなの変でしょ?絶対に間違ってる。もう本当に悲しい」と悔しさをにじませた。

 また、HKT48の指原莉乃も自身の思いを4回にわたってツイートし、「ここまで大きな事件を彼女に謝らせる運営だとは思いたくない」「そこで謝らなくていいんだよ!と言えるスタッフがいなかったこともどうかと思います」「現状のままで応援してもらえるわけがないし、そんなこと思っているスタッフはいないと信じたいけど、このままで応援してもらおう!というのはおかしい」と運営サイドを痛烈に批判している。

【NGT山口真帆暴行】指原莉乃ら現・元メンバー、AKB運営元を一斉に批判…ファンにも波紋 | ビジネスジャーナル

 

グループ内からこのような声が出てくるということはまだ運営にがんじがらめにされているわけではなさそうだ。

でもすべての人が思っていることを発言できているとも限らないし、ほかにもうやむやになった事件があったのではないかと心配になる。

 

再発防止策として「全グループメンバーへの防犯ベルの支給、各自宅への巡回等の対策を徹底する」と表明している。

(中略)

 また、10日頃からAKB48グループメンバーのツイッターアカウントが相次いで凍結され、その数は40以上に及んだ。一部ファンの間では山口の事件とからめた臆測が飛び交っており、真偽は明らかでないものの、不信感を増幅させている

身内からも批判続出でAKBグループ崩壊の危機? | ビジネスジャーナル

 

対策が防犯ベルっていうのも時代錯誤だし、根本的な見直しにはなってない。防犯ベルっていうのが「運営側が守る」のではなく、「自分の身は自分で守れ」感がにじみ出ている。

またせっかく、メンバー内で疑問が出ているにも関わらず、SNSの発信を封じることで、これ以上騒ぎが広がらないよう、自分たちの商品の価値が下がらないよう火消に走っているようにも感じ取れる。

これらのことから、これほどの大事件がありながらAKSは一向に事件の本質を分かっておらず、未だ売上と保身のことしか考えられてないような気がする。