まいにちコツコツ抜け道さがし。

Something Neutral

大切なのは思いやり。日々のあれこれを多角的に考えるブログです。

時間の価値を認知してない人、自分の物差しを持たない人=残業する人

 

最近僕は帰るのが早い。

それはもう早い。定時が17時30分なんだけど、遅くても18時30分には会社を出るようにしている。入社して4年目にもなると容量もわかってくるから、なんなら日中は暇で暇で仕方がない。だから僕は定時まではなんとなく仕事をして、定時が来るとすぐに日報を書くようにしている。連日21時まで残っていたころが遠い昔のようだ。

 

 

ってなるはずなんだけどなぁ、うちの会社なら・・・。

 

 

なぜか皆、遅くまで残業している。しかも気を使ってか、残業届を出したがらない。上司が帰るまで帰りにくいとかおっしゃってますけど、時間の大切さをわかってないんですかね?

前述の通り、僕は最近、定時上がりをするようにしているけどそれでも時間は足りない。

朝、起きてすぐ英語の勉強30分、電車でTED見て、帰りはジョギング、家でオンライン英会話2時間、お風呂掃除、皿洗い(週3)、洗濯(夫婦で週4)、そしてブログ(時間があればNetflixドラマも)。ぜんぶやりたいことなんで苦には感じないんだけど、10分でも残業時間が惜しい。人によってはマストで子育てとか入ってくるはずなんだけど、なんで皆それらを犠牲にしてまで、周りの目を気にしたりして残業するんだろうか?優先順位とかないんですかね?そんな仕事が大切ですかね?

きっとそういう人って時間の価値がわかってないんでしょうね。どのくらいの時間で何ができるかとかそういう具体的な対価が明確じゃないから漠然と「時間がもったいない」とだけ言って、どうもったいないのかわからないから無駄使いをする。

 

でもうちの会社でそういう人って「上司が帰らないから~」とは言わず、「忙しいから帰れない」と言う人もいます。なぜなら、うちは「上司が帰らないから~」という理由ははばかられる傾向があるからです。それは会社的には「残業、無駄なコストをカット」だからです。(具体的な数値を出さないことが本気度の低さを露呈させてますが。それについては軸がぶれるため、またの機会に)

では、「忙しいから帰れない」人はどうなっているんでしょうか?

間違いなくそんなことはないと思います。最初書いたんですが、4年も仕事してると経験があるから反復は時間を削れるし、未経験のこともある程度経験から仮説ができて、プランが組みやすい。ほかの人の仕事量が過多かというとそういうわけでもなさそうです。実際、僕は年々売上目標は上がっていきますが、帰る時間は早くなっている。決して僕だけ、仕事量が少ないわけではないです。

でもなんで皆、残業するほど忙しいのでしょうか?

最近その答えがわかりつつあるんですが、皆、計画を作って段取りするのが下手なんじゃないかな~と。いついつまでに何をどうする。これが明確であれば、少々仕事が残っていても帰れるし、必要時間もわかる。経験とともに自分の中の物差しを正確なものに仕上げていく感覚なのですが、いつまでたってもそれが狂っていたり、測り方を間違っていると「忙しくて帰れない」人になってしまうんじゃないですかね~。