まいにちコツコツ抜け道さがし。

Something Neutral

大切なのは思いやり。日々のあれこれを多角的に考えるブログです。

無料で楽しい英語学習方法発見!language exchange始めました。

フィリピン留学で感じたことです。

 

「知識はあるけど、使えない。とにかく英語を使わないと!」

 

9時間×5日ではまだまだ足りない。

たくさんアウトプットの練習をしないと!

 

質より量だ!

量だ!量だ!

 

ocha-yumyum.hatenablog.com

 

とは言ったものの、やはり日本で毎日英語を使うのは難しいです。

安価だと言われるですら、毎日コースにすれば月12,000円ほどします。

 

困ったなあ。月のお小遣いは3万円です・・・。

しかも留学で小遣いを先出してるので、今は月2万円です。

 

無料で英語を使いたいならLanguage exchangeはいかが?

 

ãä¸ãåãã¦èããè¥ãå¤å½äººã®å¥³æ§ä¸ãåãã¦èããè¥ãå¤å½äººã®å¥³æ§ãï¼»ã¢ãã«ï¼ã¢ãã«ãã¡ã¯ããªã¼ï¼½ã®ããªã¼åçç´ æãæ¡å¤§

 

そこでいろいろ調べていたのですが、良い方法を発見しました!

それが、Language exchangeです。

 

なにかと言いますとですね、違う母国語を持つ言語学習者通しが相互に学習したい言語を教え合うというものです。

例えば・・・

 

Aさん)日本人:母国語は日本語で英語が学びたい。

Bさん)アメリカ人:母国語は英語で日本語が学びたい。

 

といった具合です。

どうです魅力的でしょ。お互いにwin-winだからもちろん無料です。

 

しかも今はそれがアプリでスマホひとつでできるという。

時代は進歩したものですね。

 

 

僕が選んだのはTandem(タンデム)というものです。

Tandem タンデム - 言語交換

Tandem タンデム - 言語交換

  • Tripod Technology
  • 教育
  • 無料

 

母国語と使える言語と学びたい言語を決め、あとは会話したい内容や会話したい人を設定します。

例えば

I want to learn English. Please study each other.

とか書きます。

 

また出会い目的もあるみたいなので、メッセージ対象を同性別だけにすることもできるみたいですね。(男には無関係だけど・・・)

 

語学レベルも設定できるので、それまで確認して相手からメッセージを送ってくれます。

手順としては設定後、①話したい相手にメッセージを送る②チャットする③仲良くなればインターネット電話も可能といった感じです。

 

だれにメッセージを送ろうかな~と思っていたのですが、登録してすぐ2名ほどメッセージが来ました。そのあとも続々と・・・。

場所も様々でフィリピン、アメリカ、スペインなどたくさん。

 

無理にこちらから選択しなくとも相手のほうからサーチしてくれるのはありがたいですね。それだけ日本語を学習したいという人がいるということだし、わざわざ僕を選んでチャットしたいという人のほうが意欲的だと思うので、そのなかから良さそうな人にメッセージを返信しました。

 

フィリピンの女性からメッセージしていたのですが、最初はもちろんhelloから始まり、韓国旅行が好きな話で盛り上げり、1時間ほどたわいもないチャットをしていました。

 

これはハマりそうな予感。

 

僕)"If you are ok, can i sent you to message?"

フィリピン人)"yeah!!"

 

イイ感じです。

 

やはりデメリットとしては相手はプロではないので、英会話のようにがんばって学力を上げてあげようという人に出会うのは難しいかもしれません。(あるかもしれないけど)

ただ僕に必要なのは冒頭にも書きましたが質より量なのです!

とにかく英語を使いまくりたい。

 

 

また日本語を教えなくてはいけないのも英会話とは違いますね。

 

だけど、英語で日本語を教えることは自分にとっても思っていることを伝える良い学習になると思います。

また相手が自分に興味があるということで何より楽しく英語を使えます。

これが一番大切ですね。机に向かって勉強をいつもするのはしんどいですから。

 

また、最高なのは無制限に無料にできることです!!

 

自分の近くに住む人を探そうとしたり、(メッセージを送らなかった)訪問者を確認したりするには有料会員になることが必要ですが、それでも月780円以下です(3か月会員や1年会員ではもっと安い)。

そして有料ではなくても時間に制限はありません。

 

 

実はLanguage exchange は前から知っていたのですが、なんとなく使っていませんでした。なぜならレベルが低いと相手にされなそうだから・・・。

 

でも入ってみるとそんなことないですね。

なぜなら先ほど説明したように自分でレベルは設定できるし、それを見て相手は自分を選んでくれます。

 

あとは極論ですが、

ぶっちゃけ嫌われても違うパートナー探せばいいかなって(笑)

だって登録者たくさんいるし、所詮ネットだから個人情報出しすぎなければ「嫌われた」で終わるし。もう対人関係のことは気にしすぎず、飛び込んでしまうことが重要ですよ。

 

あとね。

日本人って、「母国語:日本語、ほかに話せる言葉:なし、学習したい言葉:英語」みたいな人が多いのですが、外国人は違います。

複数の言語を話せ、複数の言語を同時に学習したいという人が多いです。

 

でも複数の言語を学習中といってもそのレベルはさまざまです。だから自分は英語で自分の言いたいことを完全に伝えられないからといって遠慮しすぎることはないです。

だってお互い様だから。

 

「自分は外国語が勉強したい!ちょっとできるから一緒に話そう!」みたいな積極性は「勉強したいけど、ちょっとしか話せないし・・・」という日本人は見習うべきですね。

 

 

何事も前向きに。これからtandemも使って楽しんでいきたいと思います。