まいにちコツコツ抜け道さがし。

Something Neutral

大切なのは思いやり。日々のあれこれを多角的に考えるブログです。

みんながプライベートジェットを買える時代だって。

 

聞きました~?奥さん~

ZOZO社長、国民的女優さんとW杯観戦ですって。

しかも70億のプライベートジェットでロシア日帰り

これだから金持ちは~ (プンスカプンプン)

 

わたしもプライベートジェットほしいわね~~

 

どっかのバーゲンで安売りしてないかしら~

そしたら開店前から並ぶのに~

 

f:id:ocha-yumyum:20180729184402p:plain

 

 

 

 

 

・・・。

 

 

 

 

 

ないよね~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あるんです!(バーゲンじゃないよ)

f:id:ocha-yumyum:20180729184737p:plain

 

 

と、小ボケはこの辺にしといてですね、今日はプライベートジェットについて面白そうなニュースがあったので書きたいと思います。

 

アストンマーチンの空飛ぶスーパーカー

 

先週のサンデージャポンのたった数分の話だったのですが、アストンマーチンが空飛ぶスーパーカーを開発しようとしているとのこと。

 

 

vimeo.com

 

なんじゃこりゃあ!!!!

 

かっこよすぎやろ。

 

jp.reuters.com

 

英高級車メーカーのアストンマーティンがファンボロー国際航空ショーで、3人乗り「空飛ぶ自動車」のコンセプトカーを公開した。垂直離発着ができ、時速322キロメートルで飛行可能。将来的に移動手段へ革命をもたらすと期待されている。

 

時速322キロメートル

空に制限速度はあるんかいな?

 

アストンマーティンのサイモン・スプロール副社長は、ロイターに対し「英中部バーミンガムの中心部からロンドン中心部まで約30分で行ける」と豪語。「空飛ぶウーバーや、アストンマーティンに乗れるようになるだろう」と話した。

 

 空飛ぶウーバーってもう渋滞関係なし。

はやくほしい!!

 

一方で「空飛ぶスポーツカーだから高級車であり、価格はそれ相応に高くなる。7桁(100万ポンド、約1億4600万円)は下らないだろう」との見方を示した。

 

約1億4600万円

 

高い・・・??

ZOZO社長が70億だから、もうなんか相場がわかりませんわ(笑)

 

 

ひとつ言えるとすれば、

僕には買えまてん!!

(そもそもアストンマーチンみたいなハイブランドの高級車すら買えない)

 

 

 

おいおい

 

 

タイトル嘘じゃんかよ。

なにが安いジェット機あるんですだよ。

 

 

 

 

まあまあまあ。

 

ステイ、ステイ。

 

次が・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

あるんです!(くどい)

f:id:ocha-yumyum:20180729184737p:plain

 

 

 

話には続きがあってですね、アメリカのシリコンバレーにあるオープナーという会社が開発したBlack Flyという飛行機がありましてですね、これがすでに有人飛行も実現しており、アメリカとカナダでは軽量飛行機として了承を得ているとのこと。

 

youtu.be

 

飛び立つというよりはのっそりと浮かび上がるような。

飛べちゃうんですよねー。ホバリングもできちゃうところから飛行機というよりはヘリコプター、大型ドローンって感じ。

 

ああ、そうそう。買えるかどうかなんですが・・・。

 

 

サンデージャポン

 

デーブスペクター「2019年販売開始を見込んでいて数百万円を予定してます」

 

スタジオ「へー」

 

山本アナ「では次のニュースです」

 

僕「え~~~~!すげぇーーー!!!!」

 

めちゃくちゃサクッと流してたんですが、数百万円ですって。

 

マジかよ。

誰かツッコめよ。

f:id:ocha-yumyum:20180729195727p:plain

厚切りジェイソンはスタジオにおりませんでした)

 

ライト兄弟が生きてたら発狂してるよ。

 

数百万だから100万から999万円まで含みがあるけど、仮に999万円だとしても・・・

 

NSX(ホンダ:希望小売価格23,700,000円)の半額以下

f:id:ocha-yumyum:20180729193058p:plain

 

GT-R(日産:希望小売価格10,230,840円)と同等

f:id:ocha-yumyum:20180729193509p:plain

 

今やよく見るミニバン、アルファードですらハイスペックなものは1千万円超えますからね。

BMW、ベンツ、ポルシェ・・・外車買うより安いかも。

 

2019年発売してもまだ独占市場だし、最初のモデルだからこの価格なんでしょう。

これが数年して競合他社も市場参入していけば価格は手ごろになっていきそうじゃないですか??そう簡単じゃないかな??

 

未来のことはわかりませんが、時代を振り返れば自家用車だって最初は超高級品で金持ちの遊びでした。それが今や一家に一台、田舎では一人一台。数年で買い替えていく時代です。

 

そしてすでに競合他社になり得る企業がこぞって開発に向けて動いています。

 

car-moby.jp

 

こんなにたくさんの企業が市場参入を目論んでいるんですね。

全くの無知でした。

すげーや。

 

ドローンで手軽に空撮ができるようになったというのがつい最近の話だというのに技術の進歩は目覚ましいですね。(ドローンもってません)

 

誰しもが飛行機を買える時代も近いのかもしれませんねぇ。