まいにちコツコツ抜け道さがし。

Something Neutral

大切なのは思いやり。日々のあれこれを多角的に考えるブログです。

シーシェパード支援している?LUSHもPatagoniaも嫌いな僕がイルカを食べに太地町までいった話。

いきなりだけど、僕はLUSHとPatagoniaが嫌いだ。

なぜかっていうとシーシェパードを支援しているから。

 

シーシェパード環境保護団体(シーシェパードかんきょうほごだんたい、英: Sea Shepherd Conservation Society)、通称シーシェパードは、海洋生物の保護のための直接行動を掲げる国際非営利組織の海洋環境保護団体を自称している団体。本部はアメリカ合衆国ワシントン州フライデーハーバー。

国際環境保護団体グリーンピースを脱退したカナダ人、ポール・ワトソンが1977年に設立した。アイスランドやノルウェーの捕鯨船を体当たりで沈没させるなど過激な行動で知られ、2005年からは南極海での日本の調査捕鯨を妨害するようになった。反捕鯨に共鳴する欧米の資産家や著名人らに支援される一方で、暴力的な手段をいとわない過激な活動を展開することから、日本、アメリカ、カナダの各政府からテロリストと名指しされたことがある。また、ポール・ワトソンはICPOの国際指名手配犯である。また、日本の捕鯨関係者からエコテロリストと呼ばれることもある。また、アメリカ連邦高裁(第九巡回控訴裁判所)からは海賊(海上武装勢力)の認定を受けている。日本の法務省は団体の主要メンバーの入国を拒否している

シーシェパード - Wikipedia

 

シーシェパードっていうと日本の警備強化で最近はあまり聞かないんだけど、環境保全を大義名分として暴力行為を敢行するテロ団体。

 

LUSHやpatagoniaがかっこいいと思うのは勝手だけど、その売上が何にどう使われているのかはよく考えたことないよね。

 

今日は反シーシェパードの僕がクジラとイルカの食文化がある和歌山県の太地町に行った話。2018年2月のこと。

最初に言っとくが、

 目的はイルカを食べることである。

 

 

そもそもシーシェパードを支援する企業とは。

前述の通り、シーシェパード の行っている環境保護活動は完全なるテロ行為。近年は日本が取り締まりを厳しくしているため、日本近海でのテロ行為はなくなっているが、依然標的とされている模様だ。

 

 反捕鯨団体シー・シェパード(SS)が今秋、捕鯨国への抗議活動を活発化させている。商業捕鯨を行っている北大西洋の島国アイスランドに団体支部を立ち上げ、10月中旬には寄付金集めのイベントを開催。9月に今期のイルカ漁が解禁された和歌山県太地町には、すでに幹部クラスを含む3人の活動家が滞在し「監視活動」を行っている。国際手配されているSS創設者のポール・ワトソン容疑者は声明を出し、「(太地町には)2~4人の小規模グループを維持することが目下の目標だ」と語った。

シー・シェパードが捕鯨国への圧力を強化 日本には幹部クラスが入国(1/4ページ) - 産経ニュース

 

そんなテロ集団に献金しているLUSHとPatagonia。

 

LUSH

ラッシュ公式サイト Lush Fresh Handmade Cosmetics

言わずと知れた化粧品、バス用品メーカー。女の子に最も無難なプレゼントといえばコレ感あるw

このLUSHが様々なチャリティーに参加しているのは有名な話だろう。ひとつは動物実験の反対。これは紙袋にもなってるよね。

ãlushãåç©å®é¨ãã®ç»åæ¤ç´¢çµæ

まあこれぶら下げて町を歩いている人も考えがあるのかどうかと聞かれると疑問だけど、それはまたの話が脱線しそうなので棚に置いといて・・・。

 

本社イギリスのLUSHはシーシェパードを支援していることは公にもしている。LUSH Japanについては法人が違うため、支援はしてないと公表しているが、やはり本社がしているのに、「同じブランドだけど日本は違うよ~」とは虫の良すぎる話である。

 

日本法人である株式会社ラッシュジャパンは米国の環境保護団体シー・シェパードへの資金提供は行っておりません。そして株式会社ラッシュジャパンではシー・シェパードの行為について詳細を把握することができないためコメントをすることはできません。また、株式会社ラッシュジャパンは、今までシー・シェパードを支援したことがないためコメントをする立場にありません。

※シー・シェパードとLUSHに関する報道について 2010.03.15から一部抜粋

 

Patagonia

こちらもまた有名なアウトドアブランド。最近、アウトドアをカジュアルファッションに取り入れることが流行っているからかよくセレクトショップでも見かける。

こちらは日本支社も支援を表明している。

 

パタゴニア日本支社の広報担当はJ-CASTニュースの取材に対し、「シー・シェパード」をサポート(支持)していることを認めた。但し資金的なサポートは93年に終了し、現在は、反捕鯨活動などに対して、

「(シー・シェパードの活動に)賛同の声を上げるなど『気持ちとしての』サポート」
を中心に行っているのだという。

(2/2) 「パタゴニア」が反捕鯨団体支援 日本支社に抗議のメールや電話 : J-CASTニュース

 

クジラとイルカの町

さて、前置きが長くなったけどいよいよ本題。

シーシェパードにも標的にされている太地町へ行ってきた話。 

 

太地町は昔からクジラやイルカの漁で有名なのだ。

古式捕鯨発祥の地、太地町公式ホームページ

 

そのため、諸外国から白い目で見られることもあるが、未だその伝統を守り続けている。

僕はイルカは好きだが、食文化のそれとこれとは別の話。命の尊さを言うなら、イルカやクジラだけでなく、豚も牛も動物食は皆非難されるべきだろう。また人間である以上生きるためには何かしらエネルギーが必要なんだから、せめて感謝して「食べ」ようよ。

子供みたいなんだけど、そんなに言うんだったらイルカ食べてみたいなぁと。そんな感じの小旅行。

 

ちなみに食歴だけどクジラはまだしもイルカは完全に未知の領域だった。(クジラは小学校の時からあげで何回か食べた。)

 

大阪から車で4時間ほど。

太地町に到着。

 

まずは博物館で歴史を勉強。

入り口前でクジラのモニュメントが出迎えてくれる。

f:id:ocha-yumyum:20180714222600j:image

 でけー

太地町立くじらの博物館

 

入場料1500円が高いと最初は思うんだけど、これが出るころには破格と思うくらいに安く感じる。そのくらい楽しかった。

 

捕鯨の歴史に触れる

f:id:ocha-yumyum:20180714222634j:image
f:id:ocha-yumyum:20180714222628j:image

 

捕鯨の歴史についてわかりやすく展示している。

クジラの漁は常に命がけで、面白おかしく殺していたわけではなく、敬意をもって食していたことがうかがえる。決して金儲けをしたい、絶滅させたいといった私利私欲のためにクジラを利用しているわけではない。

 

捕鯨を非難する人はそこまで理解できているのかなというのが素直な疑問。

彼らの根源には「クジラとイルカが好き」がある。だから殺したくない。

しかし、太地でも同様、クジラとイルカは好きである(好きというより尊敬、神秘的に近いかもしれない)。だから有難く頂く。

比較すると前者が圧倒的に浅はかだと気づく。まず、捕鯨を非難する人はそこを知ることが一大事ではないか。 

 

クジラとイルカに会える

ここで一番すごかったのはショーだ。

大規模な水族館と比べれば設備はそこそこなんだけど、クジラとイルカがめっちゃいる。

f:id:ocha-yumyum:20180714222727j:image

(まずイルカショー。記念撮影もできる)

 

イルカのショーだけでなく、クジラのショーも。 

最初はどうせ、クジラショーはゴンドウクジラ(小型のクジラ)が同じ場所で似たようなことするんだろーなと思ってたんだけど・・・

ゴンドウクジラ - Wikipedia
f:id:ocha-yumyum:20180714222723j:image

(そしてクジラ)

 

なんと場所が違うし、ショーの内容も違うのだ。

これは幼心に帰って興奮する。

 

しかも海の生け簀にはイルカとクジラがそれはもういっぱいいる(10匹以上)。

餌やり体験もできるところ、御池の鯉に近い。

餌の存在を知ってか海から顔を出して人の元へ集まってくる。

 

f:id:ocha-yumyum:20180714222802j:image

 

そして水族館も近くにあるが、ここに山ほほどのイルカ。

f:id:ocha-yumyum:20180714222846j:image

田舎なのでお客さんも疎ら。控えめに言って最高の穴場スポット。

まじでテンションアゲアゲよ。

 

いよいよ海豚料理

そしていよいよ旅の目的。

太地にはイルカ料理(クジラといってイルカを出している店もある)の店がたくさんあるから、その1つに寄った。

一口に鯨といっても料理方法は様々である。

f:id:ocha-yumyum:20180714222931j:image 

 まず定番のクジラの唐揚げ。


f:id:ocha-yumyum:20180714223518j:image

これはうまい。当たり前。なんだか懐かしいなぁ・・・。

給食以来の味。

 

そしてイルカ。

f:id:ocha-yumyum:20180714222940j:image

 

半解凍のイルカの刺身。(冷凍じゃないと臭すぎて食べられないんだとか)

 

肝心の感想は・・・

 

パクッ

「うん」

 

ムシャムシャ

「うーん」

 

ごっくん

「むむむ!!」

 

 

 

まずい!!!!(ゴメン)

 

 

口にした直後はそれほどでもないんだけど(食べれる!と一瞬思った)、喉を通ったあとのクセがすごい。くっせーです。

 

まあ何はともあれ「百聞は一見に如かず」。やってわかる、話せることがあるということで良い経験になった。

味の保証はないけど、興味がある方はぜひ行くことをすすめる。

 

太地町はおすすめ!

和歌山はアドベンチャーワールド(白浜)、白浜海岸、和歌山ラーメン(和歌山市)などのたくさんの観光&名物に埋もれて太地町はマイナースポットではありますが、非常におすすめ。

 

太地の人は食べ慣れているからこのクセがやみつきになるようなので、このイルカを食べにいく価値はあるはず。舌に新たな出会いがあるのは保証する。

もう一回言うけど、僕はまずかった。

 

夏は海水浴ついでにイルカと泳げるみたいだから、今度はそっちに行きたいね。

 

まとめ

今回感じたのはシーシェパードに限らず、日本の文化(鯨食)がよそ者にわかるわけがないということ。いや、正確にはわかろうともしないのに自分の国の価値観で測ろうとすることができるはずないのだ。これはほかの国であっても同様だ。

宗教も食も人種も歴史も知ろうとせずして、ただ排除するだけでは進まない。

ましてLUSHやPatagoniaみたいな有名企業であるのに捕鯨文化を知ろうとしないのは非常に残念であり、軽蔑すらしてしまう。(知った上でやってるなら反論を聞きたい)

 

まず知ること。同じこと、違うことを知り、尊重すること。何事も自分のものさしに押し当てて計るのは良くない。

違ったものさしがあることを知る。そういった面では日本人も捕鯨文化を知るために太地町に行くことをおすすめする。

 

太地町はイルカ・クジラを学ぶ、楽しむ、食すのすべての面からして最高だった。イルカ、クジラが好きな人こそ行くべきだろう。ここを避けては真のイルカ、クジラ好きにあらずである。